雨漏りの応急処置方法を知ろう│住宅工事マネージャー

塗装

外壁をキレイに保つ

外壁塗装のサービスについて

長年住んでいる木造住宅は、少しずつ故障や痛みが出てきます。実はこの故障個所や痛みが出ている部分は放っておくと見た目が悪いだけではなく、木造の家の内部にまで影響を及ぼしてしまいます。 よく、木造住宅は新築時から30年ほどしか寿命が持たないといわれています。いわゆる国が定めた木造住宅の法定耐用年数が30年になっていますが、実はそれほど根拠がない数字でもあります。 木造住宅は外壁塗装のメンテナンスさえしっかり行っていれば30年以上は余裕で持つと言われていますが、外壁塗装をしないと30年程度でぼろぼろになってしまいます。 そうならないためにもまずは外壁塗装の見積もりサービスなどを利用して、劣化を防止することに努めましょう。

それに競合する物とは

外壁塗装と競合するものはどんなものがあるでしょうか。例えばリフォームをする場合、外壁塗装も重要ですが、それ以外の部分についてもそれぞれ役割があるためリフォームをすることが重要になってきます。 例えば、外構工事は外壁塗装と同じようにそれを見た人がイメージを持ちやすいのです。また、外構工事ができていないと防犯性の問題も出てきます。見た目がぼろいとその家に隙があると思われ、泥棒が入りやすくなるのです。また、最近は家を塀で仕切って外側から見えなくするよりも家の中から外を見渡せるほうが防犯性が高いと言われています。そこで、できるだけ視界を妨げるような樹木を切ったり、塀をなくしてしまうことで防犯性が上がることが期待できます。